忍者ブログ
管理人・大王改めご隠居の日常を垂れ流す日記
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ご隠居
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/03/25
趣味:
多趣味
自己紹介:
多趣味器用貧乏なクリエイター崩れ。
細々と趣味をやり漁る。
忍者ポイント広告
最新コメント
[02/07 ご隠居@管理人]
[02/06 良月]
[01/01 R&R]
[08/13 ご隠居@管理人]
[08/12 R&R]
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もうそろそろセ・リーグの開幕、てなわけでセ・リーグの順位予想でもサラリとやっておきましょうかね。

最初に順位を予想すると、

1位 阪神
2位 中日

ここはすんなり決まりましたが、残りはダンゴかな、と。

3位 広島
4位 横浜
5位 巨人
6位 ヤクルト

うーん…我ながらあてにならない予想ですねw

上位2チームは投手陣がなにより計算できます。
攻撃力の差で阪神を上位にとりましたが。

阪神はエース井川が抜けました。代わりにエース?と見られているのが下柳、というのがビミョーに笑えて仕方無いのですがw
先発も中継ぎも、順調に若手が揃っています。この中から誰か一人でも一皮剥ければ井川の穴は埋まるでしょう。外人投手も今年はそこそこなようですし、抑え候補の久保田がシャキッとしませんが、藤川になるでしょうし、ウィリアムスも元気。不安はあまりないです。
攻撃陣はほぼ去年のオーダーにプラス今岡。今岡次第で2位転落もあるでしょうが、大崩はしないんじゃないかなぁ。敢えて不安を上げるとすれば、浜中。今年は林と併用、という方針らしいですが、これで腐らないといいんですけどね。

去年は序盤に井端・荒木が不振だったにも拘わらず、後半2人ともキッチリ盛り返して優勝した中日。
エース川上、ベテラン山本昌、抑え岩瀬はじめ、駒は豊富な投手陣。
正直、それらの駒(朝倉とか小笠原だとか佐藤だとか中田だとか…)がある程度小粒なのは否めないんですが、でも全員ダメ、ってこたぁないでしょう。
攻撃陣もほぼ、ラインナップは変わってません。中村紀を拾いましたが、拾った経緯が経緯なだけに、成績残せないようならアッサリ干せますからw
というか、干されるような成績になるだろうな、というのが私の予想なので。途中から代打に降格して.230 8本、というのが彼の成績でしょう。化けても.270以下。HRは増えるかもしれませんが…ちょっと、望み薄。
んでもま、彼が活躍してもしなくても、タレントはいますから。キッチリAクラスに入ってくるっしょ。


ここからはダンゴ。

昨年も上位に見た広島。
結果は5位でしたが、片りんは見せたかな、という印象。ブラウン監督も二年目で、少しは日本の野球になれてきたでしょうから、混戦の3位争いにふっ、と抜けられる力はあると見ています。
が、いつでも最下位に転落できるだけの危険性も秘めていますw
攻撃陣は代わり映えしない面子ですが、前田、緒方の両ベテランに新井、嶋の中堅、そして栗原も加入、東出、梵らのいやらしいバッターも健在。ハッキリ言って、自分が投手だとして、1番やりたくないのはここの攻撃陣ですね。得点力がどうか、というのがここの打線の課題ですが、化けられる要素はかなり秘めています。
そうなるとネックは投手陣。
FAした黒田の引きとめに成功。これは大きかった。ただ、彼の後に名前があがる先発がダグラス?佐々岡?という状況はヤッパリ厳しいと思います。若手で何人か…河内、斉藤、佐藤などから1人でも、化けられれば…台風のメになりえます。

横浜、昨年最下位でしたが、今年はかなり状況が異なります。
エース三浦、抑えクルーン、終わり!という状況から、FA移籍の門倉の穴埋めに工藤を、スペランカー多村を放出して寺原を、それぞれゲット。
競争、という観点からも、この二人の獲得は大きいのではないでしょうか。工藤はこれまでのパターンからいえば今年は活躍年ですから(笑…工藤のこれまでの成績を見れば、当たり年と外れ年とがあるんですね。今年は当たり年なのですよ)、あと数年の選手寿命でしょうが、ある程度はまっとうしてくれる、そうなると大分状況が変わるんですよ。
攻撃陣も、今年は化けられます。昨年ブレークした吉村、四番に定着しちゃってる典型的クラッチ・ヒッター村田、かつてのリーディングヒッター鈴木尚、健在石井琢&金城…内川・古木・小池の中から一人化けられれば、何処のチームにも負けない打線が組めます。
ひさしぶりの現役復帰、大矢監督の競争させ具合次第でしょう。工藤と寺原のぶん、昨年より勝ち星は上回る、それらを鑑みて四位予想です。

さて、屈辱の連続Bクラスな巨人ですが、今年も苦しいと思います。
工藤、桑田、仁志らベテラン大放出したかと思えば、FAでモアイ門倉獲って、谷と若手2人交換ですか…相変わらずアホです。小笠原の獲得はいいんですがね。小久保も戻したし、彼と入れ替わり、と考えればいいのですから。
上原が怪我で出遅れ、パウエルもちょっと怪我…んで、代役の開幕投手が内海?彼、実質昨年しか活躍してナイデスヨ?そんな投手が開幕投手ですって?てな具合に、かなり投手陣が不安です。二年目でまだ育成段階の加登脇(彼は、ずいぶんキッチリと教育しているようですね)とかが上に上がってこなきゃならない状況になったら、ここのチームは終わってます。内海、ジャンチェンミン(変換でねーぞ)、高橋尚、門倉…さて上原、パウエルが帰ってくるまでに、これらの代わりとなるだろうローテーション投手が、その座を護れるくらいの活躍が出来るか。個人的には会田に期待。
攻撃陣も相変わらずの大鑑巨砲主義。これまでメタメタだった1・2番の出塁率を鑑みて、どうやら高橋由をとうとう一番に据える気になったみたいですが…打「線」には相変わらずなりそうも無く。とりあえずの長打で最下位をギリギリ免れるかな、というのがこのチームの実情です。

さて、で、最下位に予想しましたが、1番わかんないのが、ヤクルトです。
ここのチームは、毎年毎年、正直、選手が揃ってないのに、終わってみればいい位置につけている。
今年も野手では岩村・ラロッカが抜け、投手も期待される川島が故障、抑えの石井弘、五十嵐も怪我と、穴は大きい。
でも、終わってみればまたある程度いい位置につけているんじゃないかなぁ、というのが印象です。古田監督も、いい意味でも悪い意味でも、選手のすり潰し方が上手い…野村監督の継承者なんだな、という感じ。
優勝する力は、はっきり言ってありません。が、3位までに入れる力は有しています。混戦になればなるほど、このチームの実力が発揮されるでしょうね。


と、いう予想です。
今年からセリーグでもプレーオフ制度になりますが、3位を巡る争いが白熱しそうですね。
そして、今年もダメだと見ている巨人。もし今年もダメだったらどうなるのか。
ヒジョーに、楽しみですw
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27]

Copyright c ご隠居の日常。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]